求められている介護職

8月 1, 2017 · Posted in · 求められている介護職 はコメントを受け付けていません。 

少子高齢化が進み介護職の重要性が高まっていますが、それとは裏腹に、厚生労働省発表の需給の推計資料では介護職の絶対数は今後不足してくるとされています。そのため、多くの介護事業所で積極的に求人情報を出しています。不足している原因は多々ありますが、高齢者が多くなり介護を必要とされる方が増えている事と、仕事の定着率等が低いからです。
また、介護事業所からしてみると人が集まらなくて苦労をすることになりますが、逆に就職しようと考える方にとって見れば、それはチャンスとなってきます。どこの事業所も人材不足に悩んでいるので、採用する人の数を増やしたり募集要件を緩和してくるからです。介護事業所の数も少子高齢化に対応できるように新しい施設が建設され、そこで大量募集をかけていることも珍しくありません。採用条件についても取得が難しい介護系の国家資格がなくても採用してくれたり、中には無資格の未経験者にも採用の門出を開いている事業所もあります。需要が高くなれば、その分だけ採用もされ易くなりますので職探しをする時には介護系の仕事にも注目です。ちなみに、人材不足の介護事業所の介護求人探しをする時には、介護職員初任者研修を修了しておくと更に採用されやすくなります。
人材が足りていないからと言っても、高齢者に対して介助や生活援助をするためには資格が必要です。その資格を予め取得しておけば、採用された後に資格を取得する手間も省けるので、事業所も積極的に採用していたりします。